カレンダー

2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

紳士の服

大阪でオーダースーツを作るなら/AlberoAlto
結婚式のタキシードをオーダーメイドで作りませんか?|メンズブライダル

スーツ、背広に袖を通さない人は日本ではほとんど存在しません。スーツは言わば礼服であり、大事な場所ではこういった服を着ることは礼儀であり、絶対に着用するべきものです。

スーツ。働く人のほとんどが着用しているものです。私服勤務している人も居ますが、やはりそれでも働く男の人はスーツを着るというイメージが有ります。ちなみに、筆者はスーツも制服も私服の職場も体験しており、一番気楽だったのはもちろん私服ですが、服を選ぶ必要のないスーツも楽といえば楽でした。

日本ではスーツというのに抵抗感を覚えている人が結構多いです。スーツはあくまでも仕事用の衣類であり、スーツならばなんでも良いという考えの人が結構多いんです。しかし、実はこれって勿体無いんですよ。確かにスーツは堅苦しいというイメージが有りますが、少し工夫をするだけでスーツは立派なお洒落のための衣類になるんです。
スーツでお洒落をするコツ。それはスーツにこだわりを持つことです。量販店の安物では確かにスーツの体裁は保てますが、それではなんの面白みもありません。スーツというものはこだわればこだわるほどお洒落なものに早変わりするんです。

そしてもう一つ。スーツを着ていると少し疲れる。という意見もあります。しかしこれは間違いです。スーツを着ているから疲れるのではなく、体に合わないスーツを着ているから疲れるんです。人の体というものはそれぞれ微妙に違っており、体にピッタリな服を選ぶとその疲れは感じなくなるんです。

体にぴったりなスーツを作るには、オーダースーツが一番です。オーダースーツで寸法を取り、体にぴったりなスーツを着ることにより、体の疲れやすさは段違いに変わってきます。また、体にぴったりなスーツを着ることにより、自分をスタイリッシュに見せることもできます。

完璧なお洒落を求めるなら、オーダースーツだけではなく、ワイシャツも重要になってきます。スーツがオーダースーツでも、中のワイシャツがサイズに合っていなければ画竜点睛を欠き、不格好に見えてしまいます。疲れづらく、なおかつおしゃれに見えるには中のワイシャツにもこだわらなければなりません。

ここではスーツのお洒落を楽しみたいという人のために、紳士服の基本の基本な情報を紹介していきたいと思います。どうせ毎日着ることに成るスーツ。せっかくなので個性を出してみてはいかがでしょうか。